徳島 引越し業者 安い

徳島の引越し業者で安いのはどこ?@お得に引越しナビ

引越し業者 徳島

引越し 料金 徳島

引越し 相場 徳島

引越し 価格 徳島

引越し 安い 徳島

 

徳島県の引越し業者を検索すると、100件以上ヒットします。
こんな沢山ある引越し業者の中から、1社だけに絞りこむのはなかなか大変な作業です。

 

全国展開の大手と地元密着の引越し業者、どちらがいいのか迷いますね。
引越し業者を決めるには、いろいろと比較が必要です。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりです。

 

運びたい家財、エレベーターの有無などの引越し情報を1回入力するだけで、複数の引越し業者からの見積もりがまとめて取れるのです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

サービスや価格などを比較して、自分の希望に合った引越し業者を探すことができるのです。

 

引越し業者は春と秋、会社の人事異動の時期に忙しくなります。
このような時期は予約が埋まりやすいので、新居が決まったらすぐにご準備くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し業者には繁忙期がある

 

引越し 繁忙期

 

3月は引越し業者にとって繁忙期です。
綿密に言うと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。

 

どうして3月が繁忙期になるのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。

 

大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期から新しい環境に飛び込む準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。
全国の大学でそうなのですから、膨大な人数です。

 

さらに日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に大規模な人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンとその家族が引越しをします。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越し業者は繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますがどうしても手配できない日も。
そういう日は大袈裟ではなく、本当に予約を受け入れてもらえないことがあります。

 

繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも仕方のないことです。

 

 

引越しの準備と手順

 

引越し 手順

 

引越しが決まったらまず管理会社や大家さんに伝えましょう。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいところですが、見積もりを取るのは新居が決まってからがオススメです。
新居の階数やエレベーターの有無などの情報がなければ、正確な引越しにかかる金額を計算することができないからです。

 

そして引越しは時間との戦いになりますから、荷物は早めに梱包しましょう。
あまり使わないものや季節外れの洋服などからどんどんダンボールに詰めて梱包するのがいいですよ。

 

そして不用品はできるだけ引越し前に処分しましょう。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるのでいらないものは計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、引越し日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは電話で確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って荷物の転送をしてもらう手配をしてください。
1年間は転送してくれるのでその間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してください。紙に書いて渡しておくと無駄がありませんね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越しのオプションとは?

 

引越し業者には別に料金がかかるオプションというサービスが存在します。
どんなことをしてくれるものなのでしょうか?

 

以下のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で多いのがエアコンの移設です。

 

エアコンは高価な家電なので自分で取り付けたのなら新居にm持って行きたいと思うのが当然です。
しかし、エアコンの設置は配管などがあるため素人では難しいです。

 

そこで引越し業者に依頼しておけば、エアコンの移設を手配してくれます。

 

自分でやってもいいのですが時間にも費用にも追われますし、費用もさほど変わらないのであればオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
自分で運べたらいいのですが、仕事が忙しい・運転が苦手・長距離を走る体力がないなどの理由で遠距離は運べないことも。

 

それが引越し業者に依頼できるのであれば嬉しいですね。
このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

 

レンタカー引越し

 

引越し レンタカー

 

レンタカー会社でトラックを借りて、自分で荷物を運べば引越し費用が安く済むのでは?
誰しも一度は頭をよぎるかと思いますが、実際はどうなのかシュミレーションをしてみましょう。

 

まず一般の方が持っている普通免許で借りることのできるトラックは2t未満です。
2t未満でレンタカーにあるトラックは、1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。

 

それぞれのトラックの荷台サイズは、およそ以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

運ぶものが少ないなら、一番小回りの利く軽トラックがオススメです。
あとは荷物の量や部屋のサイズに応じて選んでください。

 

レンタル費用はどのトラックも1日7000円程度ですが、この他に使った分のガソリン代がかかります。
最後にガソリンスタンドでの給油と、それを証明するレシートの提示が必要です。

 

レンタカーでの引越しで、一番の問題となるのが運ぶ距離です。
遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、もしかすると家財便のほうが安いかもしれません。

 

レンタカーは借りた営業所と違う営業所にトラックを返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。
トラックをレンタルして荷物を運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

引越しは自分の力でする場合と業者

 

引越しは、自分の力でする場合と業者に依頼する場合があります。独り身だと、そこまで荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。

 

引越し業者に依頼した時に驚いたことは、荷下ろしにかかる時間がとても短いということでした。
段取りだけにとどまらず、二人で仕事をするとまるで違うなと思いました。
引っ越しが終わったら、市町村役場でさまざまな手続きを行う必要があります。後、近くの警察に行って、住所変更をする必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを出すと、即手続きは完了します。手続きが終わった免許の裏面には、新しい住所に変更されています。
家族揃って今年の春に引っ越しを経験しました。
元々暮らしていた家を建て替えるためにすぐ近くの家に引越しました。荷物運びは友人に手伝ってもらい行ったので、引っ越しの費用自体はかからずに済みました。
ただたった一つ苦労した点は、私がまだ幼かった頃から長年使っていたピアノがかなり重量があって重く、運搬に苦労したことです。
引越をする場合、まず部屋の明け渡しをするときに金銭的なトラブルに発展する場合があります。

 

 

部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、どのようなケースがあり弁償することになるのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと確認しましょう。
また、請求に及んだ場合で、納得がいかない場合は、支払わなくてもいい費用が入れられているかもしれないので、知識を正しく知っておくことが大切です。

 

引越しを実際に行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんに混じって家財道具を運んだりと大忙しです。

 

 

しばらくの間そういったことを行っていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手がはめてあります。業者さんに頼むにしても、自分の軍手も絶対に必要だなと思います。

 

転居に伴う荷物まとめの際に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服などで梱包します不要な雑誌や、新聞紙もいいですが、想像以上に量が多くなり、捨てることが大変です。引越しが終えると、多くの空ダンボールが発生しますし、それに加え紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。引越しばかりに限らず、仕事をやれる方は、段取りが巧みだと言われます。

 

引越しをしようとする場合、どれを先に積もうかとかどれをどの場所に収納するか等、意外に頭を使うのです。

 

 

そのため、引越し業者の鮮やかな段取りのよさに感動した経験のある方も多いと思われます。引越するとなると、電話の契約変更も必要となります。

 

ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話だけの人は、携帯ショップにて住所変更を行うか、ネット上で手続きするかだけで、ほかには必要なことはありません。
この頃の人たちは、固定電話を必要としないケースがほとんどです。